トイレの水道の修理方法や取り付け

トイレの水道やタンク、温水洗浄便座で水漏れが起きたら、工具を準備し発生場所を見つけることからはじめましょう。どこから水漏れが起きているかわかれば、無駄なく集中的に修理でき、被害の拡大も抑制しやすくなるからです。トイレの水道で起きる水漏れは、部分によって取り付けする部品や修理時の注意点が違います。

■給水管まわりで起こる水漏れ

トイレのタンク前に設置されている給水管から水漏れしている際は、パッキンが傷んでいる可能性があります。パッキンの交換は素人でも行いやすい作業の一つです。タンクに近い給水管と止水栓側についているナットを外し、パッキンを取りかえるだけで作業は終わります。
給水管からタンクの間や接合部分で起きる水漏れもパッキンの損傷が考えられ、ナットを緩め新しいパーツと交換するか、ナットの締め直しなどで処置します。

■タンクで起こる水のトラブル

便器内の水が止まらない時はタンク内の水量が多く、水が溢れ出ている可能性が高いです。タンク内の浮き玉を正しい位置に設置するとよいです。便器にたくさん水が流れている場合は、水量を調整するバルブがずれている可能性があるので、位置を直すと解消されます。
タンク内の水が止まらない時は、ボールタップが古くなり機能していない可能性があります。タンク内の部品を交換すると直ることが多いです。

■まとめ
トイレは水のトラブルが起こりやすい場所です。給水管やタンクのトラブルは、水を無駄に使用する原因となり水道代に影響が出ます。温水洗浄便座も水漏れが起こりやすいですが、電化製品なので漏電や感電の恐れがあり、コンセントを抜くことが大切です。トイレの交換は水道修理業者でも行ってくれます。
トイレの水漏れは自分で直せる場合もありますが、取り付ける材料や使用する工具を揃える必要があるので、すぐ解決したい人は業者を利用することをおすすめします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ