症状に合わせた水道修理や交換方法

水道の蛇口付近から水漏れしている場合は、症状によって直し方が違います。症状が軽度であれば部品の交換程度の簡単な修理で済みますが、重度の場合は蛇口自体をかえる必要があります。自分で修理する際も正しい方法で行い、トラブルの拡大を防ぎましょう。

■水道の水漏れが軽度の時

蛇口の水漏れが軽度の際は、パッキンの取りかえだけで改善されるケースがあります。パッキンは使用頻度や時間の経過でもろくなりやすいパーツです。パッキンの交換だけなら費用は安く済み、DIYに慣れている人は自分で修理することもあります。
また蛇口部分はナットがゆるんでいると水漏れしやすいです。ナットは力が加わるとゆるむ性質があるので、定期的に締めるとよいです。レバーは衝撃に弱いので、強い力を加えないようにしましょう。

■蛇口の取りかえが必要な時

蛇口は長年使用すると劣化しやすく、修理で直せない場合は蛇口自体を交換しなくてはいけません。蛇口の交換目安は約10年から15年とされています。蛇口は金属でできているため、サビやすく、目で確認できない腐食も起こしやすいです。種類によっては修理費用より蛇口 交換費用の方が安いこともあります。
蛇口はホームセンターやネットの通販サイトでも購入できます。価格はタイプによって違い、水の出方を調整できる特殊な蛇口は価格が高いです。今ついている蛇口と同じタイプを選ぶことが大切です。ワンホールとツーホールの種類があるので間違えないように購入しましょう。不安な場合は業者に依頼すると間違いがないので安心です。

■まとめ
蛇口の水漏れを修理するか交換するかは症状により違い、費用の安い方法を選ぶとよいです。蛇口のトラブルを直す時は、適切な部品を選ばないと水が出ない可能性もあります。そして、修理前は必ず止水栓を閉め、安全に行ってください。ただし、上手くできない場合は無理をせず業者に依頼することも大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ