水道修理の種類や工事内容

水道工事は給水装置工事といい給水する設備の修理や取りかえを行うものです。大きくわけると二種類あり、どちらも公共の土地にある給水管から個人の敷地内にあるメーターボックスまでの作業を給水管引き込み工事といいます。メーターボックスから家の中や庭の蛇口までの作業を屋内配管工事といいます。
新しく水道を家庭に通す時は、この二種類の工事をしないといけません。マンションと一軒家では給水の仕方が違うので、適した方法で作業が行われます。

■水道工事を行うメリット

給水管や排水管のトラブル時に全面的な修理をすると、給水管の場合はパイプ内のサビをなくす、排水管の場合は水道 水漏れの原因となる詰まりの解消効果が望めます。蛇口をひねり出てくる水からニオイがする時や色がおかしい時は、貯水タンクのトラブルも考えられるので早めの対処が必要です。
貯水タンクの異常は素人では発見しにくいので、水道修理業者に依頼し点検や修理を行ってもらいます。その時は必ず水道局指定工事店を選んでください。

■業者に依頼する時のポイント

水道局指定工事店は住んでいるエリアの水道局から認められている業者のことです。レベルの高い技術力と適性価格での修理が期待できます。認可のない業者に修理を依頼すると法律に反する場合があるので注意しないといけません。
また業者へ依頼した際は事前に見積もりをとりましょう。見積もり作成は、必要な修理費用を予め知るために大切で、後々追加料金が発生し焦る心配も減ります。無料で見積もりをとってくれる業者をおすすめします。

■まとめ
蛇口の交換ぐらいなら素人でも修理できるケースはありますが、給水管や排水管の取りかえは個人で行うのは難しいです。水道の工事は家を建てる時や開業時に行われることが多いです。大規模な作業になるため信頼できる水道修理業者を選びましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ