水道のパッキン交換の修理や蛇口の種類

蛇口の水漏れを放置すると光熱費が高くなるので、早めの修理が必要です。水のトラブル時によく交換する部品はパッキンです。蛇口を丸ごとかえる際は、古くなった物と同じタイプや規格を判断し、取りつけなくてはいけません。蛇口は水が通る穴の数によってタイプが異なります。壁から出ているものや、温度調節できないない単水栓もあります。

■水漏れの原因となるパッキン

パッキンは水道の蛇口の中などにあり、水や空気を外へ漏らさない働きや、外からの侵入を防ぎます。使用箇所の密閉度を上げるために使われるため、パッキングといわれる場合もあります。
蛇口には三角パッキンとコマパッキンなど複数使用されており、蛇口の上部や水が通る部分についているのが特徴です。水道部分に使用されているパーツなので、お風呂や洗面所など至る所で用いられています。時間の経過と共に損傷しやすく、水漏れ発生時は交換が必要です。

■基本的な水道の取りかえ方法

まず水漏れが起きている蛇口の種類を特定します。ワンホールは水が通る穴が一つのみで、台所のシンクに多いタイプです。特殊な海外製品などを除いてサイズがどのメーカーも共通しています。ツーホールは水が通る穴が二つあり、こちらも特殊なもの以外はメーカーに関係なく共通のサイズであることが多いです。壁から水が出るタイプの蛇口は取りかえ作業が比較的容易です。単水栓は庭の水道に多いタイプで、水のトラブルに関係なくインテリア重視で交換する人が多いです。

■まとめ
蛇口の取りかえや水道 工事時に、パッキンをつけ忘れることが多いので気を付けましょう。水道の蛇口は水漏れの際やリフォーム時に交換することが多いです。自分の手で交換する人も増えていますが、作業内容がわからなくなったら水道修理業者に相談してください。一からプロにお願いするのもよいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ